調理専門の高校へ入学すると得られる3つのメリット

調理専門の高校でも卒業と同時に調理師免許がゲットできる

Scool Work

調理専門の高校へ入学すると得られる3つのメリット

調理器具

調理師免許の取得が可能

ほとんどの高校では調理科で全てのカリキュラムを修了すると、卒業と同時に調理師免許の取得が可能になります。調理師免許を卒業と同時に取得したい方は、調理師養成施設の指定を受けている高校を選ぶ必要があります。

早くから調理について学ぶことができる

日本では普通高校を卒業したあとに調理の専門学校へ入学して調理の勉強を始める人が多くの割合を占めています。しかし、専門学校からではなく、高校生の時点から調理の勉強を始めておくと、若いうちに料理人としての腕を磨くことができ、より多くのチャンスを得やすくなります。

軌道修正がしやすい

高校生の時点で調理の勉強を始めることで、在学中に「向いていないな」、「他のことがやりたい」と感じたときでも、年齢の若さから別の道へ進むことも容易です。また、料理関係の道を進むとしても早くから将来設計がしやすく、夢に向かって効率的に進むことができます。

高校の調理科に関する疑問

パティシエも目指すことができる?

調理科をもつ学校によってはパティシエコースを設けているところもあります。パティシエに技術や専門知識を身につけることが可能です。

代表的な就職先は?

調理科の就職先として代表的なものには、ホテルや料亭、給食施設、製菓工場などが挙げられます。就職ではなく大学へ進学する人も多くいます。

調理科に必要な費用は?

高校の調理科、または調理専門の高校では、主に設備充当費・授業料・実習費・教材費の4つが必要です。他の学科に比べると割高になる傾向があります。

研修もある?

学校によっては、海外への研修を行っているところもあります。海外で調理研修をすることで、さらに料理への知識と興味を深めることができます。

広告募集中