コーヒーの資格をとってバリスタになる方法

コーヒーの資格は専門学校で効率的に取得しよう

Scool Work

バリスタとは

バリスタとは、主にコーヒーに関する豊富な知識と高い技術を持つコーヒーのプロフェッショナルのことをいいます。コーヒーを飲みにきたお客様に最高の一杯を提供することが仕事です。

バリスタが働きやすい仕事場ベスト3

no.1

カフェ

カフェで飲むドリンクといえばコーヒーです。バリスタになることで、美味しいコーヒーをカフェで提供することができます。

no.2

レストラン

意外にも、エスプレッソやコーヒーをウリにしているレストランでは、実力のあるバリスタが積極的に採用されています。

no.3

バール

バールとは、南ヨーロッパで軽食喫茶店のことを指します。日本でもバール形式のお店が増えてきていて美味しいコーヒーを出すためにバリスタが活躍します。

コーヒーの資格をとってバリスタになる方法

コーヒー

バリスタになるには

バリスタとして働くには、始めにコーヒーに関する知識や技術を身につけなければなりません。バリスタになるためには、専門学校に通う・店舗で修行をするの2つの方法が一般的です。どちらかのルートを選ぶことで、バリスタとしての知識を経験を得ることができます。

バリスタの資格

バリスタを名乗るためには特別な資格は必要ありませんが、バリスタとして実力を証明するために便利な資格はあります。有名な資格は、「コーヒーマイスター」と「JBAバリスタライセンス」です。このどちらかの資格を持っていると、コーヒーに関する知識と技術を客観的に評価できるので、カフェやレストランで採用される確率もあがるでしょう。

専門学校で資格をゲット

バリスタの資格の中でも特に人気の「JBAバリスタライセンス」は、認定校に通うことで卒業と同時にライセンスを取得することができます。そのため、未経験からバリスタを目指す方は専門学校に通う方がほとんどです。専門学校では、講師からバリスタになるために必要なことを教えてもらえ、実習も多いので効率的に知識を身につけることが可能です。

広告募集中